3.オウン銀行が高金利の理由

フィリピンの大手3行の特徴と比較

1.Metrobank


オウンさん

オウンさん
フィリピンの大手銀行の1つにメトロ銀行があります。

マインさん

マインさん
ここはどんな特徴があるんですか?

オウンさん

オウンさん
日本に支店もありますし、日本語対応してくれる支店もありますが日本からはお申し込みができません。

マインさん

マインさん
フィリピンに住む人が使う銀行という感じですね。

通帳口座は10,000ペソ、ATM利用ができる口座の場合は2,000ペソが口座を維持する最低残高です。
全国の1,000以上あるメトロバンクのATMや提携ATMも利用できますが、残高が規定金額を下回ると毎月300ペソがペナルティとして引かれてしまうので、口座を開設される方は注意してください。

メトロ銀行のホームページはこちら

BPI(Bank of the Philippine Islands)


オウンさん

オウンさん
このBPIもフィリピンの銀行の中で人気の銀行です。

マインさん

マインさん
ここも日本に支店があるんですか?

オウンさん

オウンさん
日本にも支店はありますが日本では口座開設ができません。ドルなどの外貨預金にも対応してくれるので便利ではあります。

マインさん

マインさん
なるほど、選択肢の1つという意味ではいいですね。

この銀行は通帳口座は10,000ペソ、ATM口座は3,000ペソを維持する必要があります。
BPIも同じく毎月300が引かれてしまいますので注意してください。フィリピン国内の支店数は800以上もありATMの数も多く使いやすいと思います。

BPIのホームページはこちら

日本から口座開設手続きが出来ないので、メトロ銀行もBPIも日本人にとっては少し難易度と使い勝手はよくないかもしれません。

PNB(Philippine National Bank)※日本で口座開設可能


オウンさん

オウンさん
このPNBは日本の東京と名古屋の支店で口座開設ができます。

マインさん

マインさん
それは日本人にはいいですね!

オウンさん

オウンさん
フィリピン政府が設立した銀行なので安心度も高いと思いますよ。

マインさん

マインさん
それを聴くと確かに安心かも!

日本で口座開設ができる数少ないフィリピンの銀行の1つです。
東京と名古屋近くにお住いの方は口座開設ができるのでチェックしてみてください。

PNBのホームページはこちら

オウン銀行の定期口座

定期預金金利表

米ドル定期預金の金利(年利)

1年 3年 5年
$25,000未満 8.50% 9.30% 10.10%
$25,000以上 8.90% 9.80% 10.70%
$100,000以上 9.50% 10.50% 11.50%

※3年:金利×3年、5年:金利×5が確定利息になります。

年利8〜10%で資産を増やしませんか?

オウン銀行定期口座お申し込みはこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1.フィリピンの現状

2.オウン銀行の詳細